« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

センサー清掃

本日出張で東京に出かけてきました。

 予定より早く出かけて、新宿のCanonQRセンターに寄りました。

目的はCMOS(他社で言うCCD)の清掃。1眼デジタルはレンズ交換などの際に宿命的に内部にゴミやホコリが入ってしまいます。それがセンサーに付着すると、残念ながら映り込んだりします。かといって素人が手を出して傷をつけると、非常に高い修理代を要求されます。と、言うことで、普段はエアーでホコリを吹き飛ばすしかできないのですが、吹き飛ばしたホコリやゴミもどこかにはついているわけで。こういう機会にプロに清掃をお願いしているわけです。フィルム時代には無かった作業ですが。

 プロに頼むとはいえ、現時点ではCanonの場合無償です。ファインダー清掃を含めても30分でやってくれます。

 その30分の間に、上位機種を触ってまいりました。

 んんんんんん~。明らかに良い!気に入ったのはEOS5D。もちろん、EOS1DsMark2やEOS1DMark2Nも良いのですが、なにせ、でかい!し重い!!。それに比べると5Dはバランスが良い感じで、ファインダーも見やすいです。

 そりゃぁ、高い機種が良いファインダーって言うのは判るんだけれども、もうちょっと普及機でも見やすいファインダーにしてくれればいいのに。

 まぁ、どちらにしても私の経済力ではどちらも買えません~。

*EOS5Dで34万円、EOS1DsMark2で70万円くらい??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

小浜島旅行記18

si-sa- はいむるぶしエントランス前のシーサーです。クリスマス前だったのでリボンでお洒落していました。

 前半、風が強いときでも今回の滞在は楽しく過ごすことができました。オプションについても笑顔で相談に乗っていただきましたし、色々な手配もしてもらいました。

 夕食後にロビーで毎晩行われていたつちだきくおさんのコンサートも素敵でしたし、南国リゾートで天候が荒れていても、快適に過ごせることはポイントが高いと思います。

 食事について、若干ぽんぽこがぶ~ぶ~言っておりましたが、離島なら充分立派な食事だったと思います。ランチも美味しいですし。

 カラスのいたずらについて何も警告が無かったのは残念ですが、今後行かれる方はカラス被害には充分注意されたほうがいいです。それ以外は非常に満足度の高いリゾートでした。

 ぽんぽこは、ベストリゾートにランクインさせていたようです。

 離島ゆえに、交通費などを含めると滞在費はそれなりにしてしまうのですが、また是非いきたい場所です。

 今度は水着で泳げるようなベストシーズンに行って見たいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

小浜島旅行記17

hana たとえ冬でも、さすが南国。ハイビスカスなど綺麗な花がたくさん咲いています。

 面白い物で、風が強く、日が当たらないときにはほとんど花は開きませんでした。

 でも、晴れたとたん、このように大きく開きました。

 ハイビスカスの花は1日しか持ちません。花も自分が咲くときをじっと待っていたのかもしれないですね。植物としては花を咲かせているときより咲かせ終わって種を作るときが本当の大変なときなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

小浜島旅行記16

sanset 私たちの泊まったデラックスオーシャンビラからは夕日がとても綺麗に見えました。

 サンセット広場と言うのも有って、こちらは誰でも夕日を見ることのできるポイントですが、こちらでも夕日もまた、綺麗でした。

 うれしくなってビーチにも行きましたが、ビーチから見る夕日も素晴らしくって、結局どこから見る夕日も綺麗でした。

 ちなみにこの夕日、季節にもよるのかもしれませんが、デラックスオーシャンビラのお風呂からも見れると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

今日の富士山

IMG_5521 今日は出勤でした。

 朝出発前に外を見たら綺麗な赤富士と月が見えたので、とりあえず写真を撮ってから出勤しました。

 4駆とスタッドレスでも下り道は関係なし。ガリガリに凍っていて、普段の倍くらい時間がかかりました。

 間に合ってよかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

小浜島旅行記15

yasi 風が止み、太陽が出ると、さすが沖縄!クリスマスシーズンでも非常に暖かいです。昼間はTシャツ短パンOKでした(ただし、私は寒冷地に住んでいますので耐寒能力は一般人より上です(笑))。

 あんなになびいていた椰子の葉も風が止めばこの通り。

 気持ちの良い、南国の雰囲気をはいむるぶしの中で味わえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

小浜島旅行記14

hirugi 小浜島にもいわゆるマングローブはあります。天候がやや回復した日にレンタカーを借りて行って見ました。

 西表島などよりは規模は小さいかもしれませんが、じっくり観察するには良いところです。

 10mm-22mmのワイドレンズで撮影しました。このレンズ、非常に使いやすくて、写りも良く旅行のスナップを撮るには最適のレンズです。が、画角が広すぎて、気を抜くとこのように自分の影が入っちゃいます(笑)。

 満潮時に行ったので、ハゼやカニは見れませんでしたが、干潮時に行くと色々見ることができそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

小浜島旅行記13

irobudai これはイロブダイの幼魚です。さしずめ、少し前のエスパルスアウエーユニの色でしょうか?(笑)

 この魚も大きくなるとまったく色が違ってしまいます。もちろん、幼魚と成魚の中間の色と言うのも存在します。

 さて、前回の答えですが、正直ベラやブダイについては?なのですが、代表的な幼魚と成魚で色が異なるキンチャクダイの仲間では有力な説があります。

 キンチャクダイの仲間はなわばりを持ちます。基本的に体の大きいほうが、小さい物より強いですから、同じ模様の成魚と幼魚が同じ場所に居れば、いじめられて幼魚は餌をとれずに死んでしまう可能性が高くなります。成魚にしても将来の自分の子孫が居なくなることは困るので、幼魚の間は成魚と違う模様にしていじめられないように工夫をしていると言うわけです。

 魚にとっては色が重要な役割を果たしていると言うことですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

小浜島旅行記12

tuyubera エスパルスカラーのお魚第2弾は、ツユベラの幼魚です。写真の魚は2cmほどの大きさでした。

 ツユベラは成魚と幼魚で色がまったく異なります。手元に図鑑がある方はぜひ見比べてください。

 幼魚と成魚で色が異なる魚は実はたくさん居ます。

 それはなぜでしょうか?

 答えは次回の更新で。それまでちょっと考えてみてください。

 小浜島で潜った12月23日はこのポイントで同じような大きさの幼魚を3尾見ました。

 伊豆に1尾でも現れればアイドルなのに、南の島では「ふ~ん、結構居るな」で済まされてしまうのは、ライバルが少ない伊豆とライバルが多い南の島の宿命なのでしょうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月16日 (月)

小浜島旅行記11

kakurekumanomi ようやく、水中の話へ。

 嵐の暴風が過ぎ、一夜明けた日から、昨日までの風が嘘のように止みました。インリーフ(サンゴ礁の内側)は鏡のようです。さすがに外洋にうねりはあるようで、リーフの境目には波が打ち寄せていました。

 実際に潜ってみると、1本目に潜ったところでは、横揺れと流れを感じました。

 写真はディズニーの「ファインディング 二モ」で有名になったカクレクマノミです。人気が出すぎて、あちこちで乱獲にあったという、元々の意図からずいぶん違った境遇を受けた魚です。映画の意図は自然で生活するのが一番と言うことだったと思いますが。。。

 映画の中でカクレクマノミは「冗談がうまい、冗談がうまい」を連呼されていて、最初は不思議だったのですが、カクレクマノミは英名clown anemonefishといいます。このclown=道化師に引っ掛けて、人を笑わせる仕事=冗談がうまいにしているのだろうと思いました。日本人のどれだけがこのことをわかったのか、大いに疑問ですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

小浜島旅行記10

beachhause 3日目にしてやっと風もやみ、天気も快晴となりました。

 なんとも沖縄らしい気候に急回復です。こんなにガラッと回復することは珍しいとホテルの方も言っておりました。

 写真はビーチハウスを海側から撮影した物です。

 これでようやく海で遊ぶことができるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

小浜島旅行記9

bar 食事の後は、ロビーで行われるつちだきくおさんのロビーコンサートで盛り上がって、ここ古酒Barに来るといいでしょう。

 私は、請福の10年ものをロックで、ぽんぽこは古酒カクテルをいただきました。いやいやいや、なんでこんなにまろやかな味に変化するんでしょう!カクテルの飾りもお洒落です。カクテルの飾りの一例は旅行記8に別のカクテルが写っていますので見てください。

屋久島出身のバーテンダー氏と会話を楽しみながら、美味しいお酒をたしなみました。いつか、古酒買って帰りたいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスカウンター

ようやくアクセスカウンターを設置することができました。

 ココログのヘルプは何の役にも立ちません。まったく。。。

苦労して、情報の中から埼玉住民さんのBlogにたどり着き、設置することが可能となりました。こんなことに1日かかってしまう私っていったい。。。

 埼玉住民さん、ありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

小浜島旅行記8

dinner 食事するところは、3ヶ所あります。夏はさらにプールサイドに食事する場所ができるようです。

 ブッフェ、鉄板焼き&鍋、ディナーの場所に分かれています。

 写真は、夕食時のみオープンするところでいただいた和食のコースです。

 3ヶ所全て行きましたが、コストパフォーマンスを考えると、鉄板焼きがお勧めです。量&味のバランスがバッチリです。ちょっと量が多めなので、お腹をすかせてから食事にすることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

小浜島旅行記7

drink ウエルカムドリンクは、シークワァーサージュースでした。甘くも無く、さほどすっぱくも無く美味しいジュースでした。

 ラグジュアリーオーシャンビラだけかもしれませんが、フロントではなくロビーでチェックインでした。

 チェックインの時間は3時からだったのですが、空いているので使っていいということで10時ころには部屋に入れてもらうことができたのでした。

 スタッフの対応は、非常に良く、親切でいつも笑顔であり、気持ちのいい接客には好感が持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

小浜島旅行記6

yonara ちゅらさん展望台にも行きました。海の濃い色が左右に通っています。

 ここがマンタで有名なヨナラ水道です。が、この日はリーフ(サンゴ礁)の内側ですら白波が立っていました。ここはマンタだけでなくサンゴも立派らしいので機会があれば潜ってみたい場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

小浜島旅行記5

yagi はいむるぶしには、色々な動物が飼育されています。有名な水牛の太郎(お嫁さんの花子は、昨年老衰で亡くなってしまいました)、ヤギ、馬、ガチョウ、鶏等など。

 それぞれ愛嬌があるのですが、馬はえさをねだるついでに噛み付くのでご注意を。

 水牛の太郎は、暑いと水の中に居るらしいのですが、寒かったので陸上に居ました。

 注意すべきはカラスです。私たちのプランにはカートが1台無料で付いてきたのですが、お土産にフォトスタンドを買ってちょっと駐車した隙に、食べ物か何かと間違えたらしく持ち去られ、破壊されてしまいました。修復可能だったから良かったもののぽんぽこはカラスが大嫌いになっていました。皆さんもカラスガードを忘れずに!

 写真は子ヤギです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

小浜島旅行記4

minibar ミニバーに冷蔵庫です。

 冷蔵庫にはミネラルウォーターが2本入っていました(無料)。後は自分で買ってきて自由に利用して良いそうです。

 ここの水道水は飲めるんですが、元の水が西表島から送水されてくる水なので、消毒がしっかりされているのは良いのですが、塩素臭がするのが欠点。美味しい水が飲みたければ買った方が良いです。

 ミニバーの上にエアコンが見えますが、この部屋には、贅沢にも2つエアコンが着いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

小浜島旅行記3

furo お風呂は実に広々として使い勝手が良かったです。

 写真は広角レンズ(10mm)を使っているので、狭く見えますが、のんびりゆったりできます。外は立ち入りできない区域なので、夜でも覗かれる心配はまずありません(と言うことです)。

 お湯もたっぷり出ますし、湯船にすぐに溜まります。シャワーも2セットついています。

 あまり気持ち良いので、朝、ダイビング後2回、夜と1日4回使用してしまった日もありました(笑)。

 はいむるぶし宿泊者には、各部屋のお風呂以外に西表展望大浴場もあります。こちらも(温泉ではありませんが)広々としていて、気持ちよく利用できました。

 しかし、この日も窓の外は暴風です(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

小浜島旅行記2

heya1 宿泊したのは、YAMAHAリゾート「はいむるぶし」のラグジュアリーオーシャンビラ。60平方メートルの部屋に15平方メートルのデッキが着いていて、オーシャンビューで西表島を見ることができます。デッキにはベンチとビーチチェア、テーブルもあり、天気がよければのんびり過ごせます。このデッキからは夕日が良く見えて大変綺麗でした。

 部屋の中には大型液晶テレビと小型液晶テレビ、ソファーや電動マッサージソファー、小型冷蔵庫、ミニバー、トイレ、洗面所、お風呂などが独立してあり、使いかって良く配置してあります。大型TVにはビデオやDVD、ホームシアターシステムが設置してあり、ロビーでソフトを借りてくれば見ることができます(無料)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

小浜島旅行記1

kaze 平成17年、12月21日。朝起きた羽田は、雨でした。

 一縷の望みをかけて着いた石垣島は、強風を超えた暴風でした(大汗)。

 石垣島から小浜島に渡る高速船は、ジェットコースター状態。荒れてても静かな海でも所要時間が変わらないのが売り(笑)。

 左の写真は今回宿泊したヤマハリゾートはいむるぶしのサンセット広場。すべての葉が左になびいています。

 毎朝氷点下10度の世界から来た人間が、沖縄に来て「寒い!!」と言う台詞を吐くことになるとは想像もしていませんでした。午後に申し込んでおいた釣りのオプションは問答無用で無理でした。この風で海に出たら大変なことになりそうです!!

 天気予報では明日も状況は変わらずとのこと。翌日は大切なイベントがあったんですが、主役がかわいそうかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

今年も

fuji よろしくお願いいたします。

 今年の元日は仕事でした。ちょうど出勤前は朝日の上がるころです。

日の出が見れるかと期待して見ていたのですが、残念ながら雲が多くて日の出は見ることができませんでした。富士山は見えていたので、我が家のベランダから撮った富士山の写真を載せておきます。

 今年が皆様にとって良いお年でありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »