« 冬の伊豆4 | トップページ | 冬の伊豆6 »

2006年2月 8日 (水)

冬の伊豆5

kakureebi 冬でもがんばっていたのが、このエビです。イソギンチャクにくるまれて、さすがに低水温がきついのか動きが鈍かったエビです。一時ドフライニアシュリンプとかハクセンアカホシカクレエビと呼ばれていましたが正式に標準和名がついたのか、残念ながら判りません。

 このエビはクリーニングをします。といっても選択をするわけではなく、魚についた寄生虫や汚れを掃除してくれるのです。

 私が近づいたら、お客さんかと勘違いしたらしくもぞもぞと近づいてきました。

 ごめんよ、寒い中わざわざ来てくれても、私はお客さんではないのですよ。

 水温が高いときは、腰をフリフリ動かしてクリーニングすることをアピールしています。魚が多いときには行列を作って魚が順番待ちをしていることもあるくらいです(大繁盛!)

|

« 冬の伊豆4 | トップページ | 冬の伊豆6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157477/8571433

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の伊豆5:

« 冬の伊豆4 | トップページ | 冬の伊豆6 »