« 屋久島の魚 | トップページ | 秋の一日 »

2006年11月 4日 (土)

屋久島の魚

Yatusihazesp16_s  またまた、名前の無いハゼです。このハゼは、以前から存在そのものは知られていて、伊豆でも非常に小さい物が出たことはあるのですが、見ることは出来ませんでした。屋久島にはいっぱい居ました!

 体の横にある黄色い線がなんとも美しいです。また、そこがそっくりなクサハゼとの違いでも有ります。

 ところで、この線、縦線?横線?

 良く誤解されるのですが、魚の線の縦横は釣り上げられた状態、つまり頭を上にした状態で定義されます。イシダイやこのハゼは横線ということになるんです。日本人の文化がそういう決まりを作ってんでしょう。昔は水中を覗いて楽しむなんてことは出来なかったでしょうし。

|

« 屋久島の魚 | トップページ | 秋の一日 »

コメント

JUNさん、屋久島には本当にたくさんの名無しハゼ君がいるんですね?
ところで、いったいJUNさんはお魚の名前を何処で調べているんですか?
もし、お勧めの図鑑などありましたら紹介してください。
続きも楽しみ楽しみ・・・。

投稿: Hiro | 2006年11月 5日 (日) 18時43分

こんばんは!

 魚の種類は、ホームページのほうに参考図書を書いたページがありますので、参考にしてください。山と渓谷社の「日本の海水魚」がお勧めです。

 名前のわからない魚は、色々と専門家に知り合いが居ますので(笑)、写真を送って鑑定してもらいます。

投稿: JUN | 2006年11月 7日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157477/12546777

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島の魚:

« 屋久島の魚 | トップページ | 秋の一日 »