« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »

2006年11月24日 (金)

屋久島の魚

Himeoniokoze_s さてさて、なんだか、派手っぽい色の魚が出てきました。

 が、普段は砂に潜ったり、砂を上に乗せて、派手な黄色のムナビレをたたんでいるので、まったく目立ちません。

 この写真では背鰭を針のように上に突き立てていますが、これがまた、強力な毒があるんです。

 と、言うことで知らずに踏んでしまったりすると非常に痛い目を見ます。派手なムナビレを持つのは敵に襲われたときに威嚇するため。「俺は毒、持っているんだぞ!!」という強烈な意思表示なのです。

 さて、この魚、歩きます。写真右頭の下あたりにかぎ状のものが2本見えていますが、これは鰭が変化した足のような物で、この足を使って器用に海底を歩きます。

 で、この魚、食べるととても美味しいです(笑)

|

« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157477/12806625

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島の魚:

« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »