« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »

2006年11月 9日 (木)

屋久島の川

Dscn1784  やっていることは、山梨でも屋久島でも変わりません(笑)。

 このシーンは、アユを撮影しているところです。

 海でもそうですが、川の中でも住む場所が魚ごとに分かれています。そのポイントを探して駆けずり回ったのですが。。。

 さて、住み分けているといってもやはり良い場所という物はどの魚も、どの種類も欲しいわけで、取り合いになります。同じような種類や形の魚はもちろんですが、アユとボウズハゼも餌をめぐって喧嘩します。大きなアユに向かって底のほうから喧嘩を売るボウズハゼというのも見ていて面白い物です。当人たちは必死なんでしょうが。。。

|

« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »

コメント

JUNさん、こんな格好で撮影しているんですね?
すごい!!
川魚は警戒心が強そうなのでそ~と近づかないとすぐに逃げていきそうですね?
よく釣り番組の映像でアユ同士の縄張り争いの映像は見たことがあるのですが、アユとボウズハゼの喧嘩って見てみたいですね。
そう言えば、富士宮焼きそば、私もtomoの実家で食べただけなので美味しいお店はわかりません。
でも、エスパのホームゲームを見に行くと必ず売ってるみたいですよ?
続き楽しみにしています・・・。

投稿: Hiro | 2006年11月13日 (月) 06時30分

Hiroさん、こんばんは!
 川は流れがあるので、足、腰、肘で体を固定するのが大変です。
 屋久島の川はトルクがあって足も、足首から下全体、膝、腿をフル活用して体を固定しています。
 カメラも大きいので、手首の負担を和らげるために、体全体で固定しないと大変です。

 続きは、屋久島のご飯シリーズにしようと思っていたのですが、間違えて消去してしまいました(涙)。
 もうちょっと魚ネタが続くかも~

投稿: JUN | 2006年11月13日 (月) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157477/12624615

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島の川:

« 屋久島の魚 | トップページ | 屋久島の魚 »