« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

今年一年

今年一年、潜水記を訪れていただいた皆さん、本当にありがとうございます。

 後、一回位は更新できるかな~とも思ったのですが、これから

ちょっと出かけるのでご挨拶を。

 今年はあまり潜りにはいけませんでした。が、そのぶん淡水での観察の

楽しさや撮影の面白みを発見したり、念願のザトウクジラやジュゴンを

見たりすることが出来ました。

 来年は月一回くらいのペースで潜りにいければと思っていますが、

寒さに負けない体つくりからスタートかな?とも思っています。

 より身近な、すぐそばに居る魚も、もっと紹介できればと思いますので

来年もまたよろしくお願いいたします。

                               2006.12.29記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

屋久島の水中植物

Kuroyosikawagoromo_s 今回は、メインは魚ではなくて、その手前に広がっている緑のじゅうたんです。

 コケのように見えますが、立派な植物です。花もつけるそうですが、やや時期が遅かったみたいです。。。世界でも屋久島にしか生えていない固有種の植物です。

 今回、珍種の淡水ハゼを探す大捜査網を実施したわけですが、その副産物として群落を発見することが出来ました。

 どうにも珍しいは珍しいのですが、ネットで探してみても詳しい情報が載っていないのは驚きの植物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

メリークリスマス

みなさん、こんにちは。

 ここのところ更新が滞りましてスイマセン。仕事が忙しくAM3時帰りなどで更新などとてもできない相談でした(汗)。

 さて、今日はクリスマスイブですね。私自身キリスト教でも何でもありませんが、日本人の良い所として、八百万の神々の中に入れてしまうということで、「日常のお祭り」として扱う分には「楽しんだ者勝ち」で良いのではないでしょうか?

 と、言うことで私もぽんぽこと午後はお出かけして食事の予定です。と、言っても大方の予想を裏切って和食ですが!!

Erika2 さて、この画像ですが、なんだかお分かりでしょうか?

 小さな花の集まりなのですが、その名もクリスマスエリカと言います。元々スズランエリカと言う品種の木ですが、この時期にあわせて咲くように調整し、クリスマスツリー型に木の形を整えた物がこの品種です。

 白い小さな花が密集してついてとても綺麗です。

 水を切らすとすぐに枯れてしまうので、毎日の水遣りは欠かせませんが。

Erika1 全体像はこんな感じです。ちょっと手ぶれしていますが、雰囲気はわかるかな?

 知り合いから安く分けて貰えたので雰囲気を味わうために購入しました。赤いリボンやベルでも飾るとよりいっそう雰囲気が出るかも。

 それでは、皆さん、良い一日を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

屋久島のヤドカリ(ニシキカンザシヤドカリ)

Nisikikanzasiyadokari_s_1 しばらくお休みを頂きまして、すいませんでした。

 ちょっと休んで美味しい物を頂いたらぽんぽこも回復してきたようで。。。現金な奴(笑)。まぁ、ちょっと回復したから美味しい物を食べに行けたんですが。

 さて、話題は変わって、屋久島シリーズ再開です。魚から離れて、甲殻類、しかもヤドカリです。

って、貝が無いじゃんと思われた方、正解。このヤドカリの種類は貝ではなく、ゴカイの仲間などが岩やサンゴに開けた穴を住処にしています。長い触角をぶんぶん振り回してプランクトンを食べているのですが、サンゴに住んでいるTheカンザシヤドカリと違い岩場に住んでいるこいつは、見つけることが困難です。非常に上手に周りの色に溶け込んでいます。たまたま手を着いた岩の近くに居なければ見逃していたと思います。

 さて、私はこいつに聞きたいことがあります。岩に開いた穴を住処にしてて、どうやって結婚相手を探すの?生殖の時期がきたら穴を出てうろうろ相手を探すのかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ここのところ

忙しかったり、ぽんぽこが体調を崩したりで、更新が止まっております。

 なんとか復活した後に再開しますのでしばしのお待ちを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

屋久島の魚(スミレナガハナダイ)

Sumirenagahanadai_s 久々の魚ネタです(笑)。今回からタイトルに種名表記することにしました。

 光量が足りなくて青被りした写真ですいません。スミレナガハナダイと言うハナダイの仲間のオスです。メスはキンギョハナダイのメスとそっくりの姿をしているのですが、オスはこのようにスミレ色や赤色の派手な魚です。この魚の幼魚はたまに伊豆大島あたりまで流れてくることがあるので見る機会もあるのですが、オスは南の方でしか見ることが出来ないのでオスを見ると南に来たんだなぁと思います。ご覧のようにサロンパス模様があるのでオスは一目で見分けが付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

早起きは三文の得

 早起きは三文の得といいますが、この言葉が生まれたときの三文が今のいくらに相当するか判りません。

 いずれにしろ、早起きすれば確実に得するなんてことは無いのですが、たまに良い事って起こりますよね。

 ある朝、出勤のために起きて、ふと外を見ると、なんとなく赤い。。。。

 そう、なかなか見ることの出来ない赤富士がそこにはありました。ちなみに夕焼けに染まった富士山はたびたび見ることが出来ますが、本当の赤富士は朝焼けに染まった富士山のことだそうです。夕焼けに染まる富士山も紫がかった赤で、綺麗なんですが、朝見る富士山もそれはそれで綺麗な物です

Fuji2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

ある日の会話

今日の会話。。。

ぽんぽこ「クリスマスには鳥料理がつき物だよね」

JUN「そうだね。でも、洋食ってイメージだよね、もともと七面鳥料理らしいし」

ぽんぽこ「ケンタッキーも混んでいるしね。でも、中華料理店のから揚げも混んでいるよ」

JUN「そうだね、でも和食より洋食って感じだよ」

ぽんぽこ「中華料理のペキンダックだって、出てきてもおかしくないよ。ペキンダックは。。。

Perio  ペリカンだっけ?」

←参考画像「ペリカン」
 モートン島名物:でも食卓には出てこなかったぞ?メニューにも無かったし(汗)

JUN「。。。。」「ダックって言ったらアヒルじゃないの?」

ぽんぽこ「あ、そっかぁ」

ペリカンって美味しくないと思う(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

イルミネーション

Yakei 12月に入り、皆様それぞれ冬休みの計画などを立てているのでしょうか?

 甲府も「光のピュシス」などというイベントをやっております。今まで見たことが無かったのですが、見てみるとなかなか綺麗です。人もそれなりに来ている様子。

 なるほど綺麗だなと思う自分が居る反面、この電気(&エネルギー)節約すればいいのにと思う天邪鬼な自分も居たり(笑)。

 しかし、いくら山梨とはいえ、お城の石垣にキティちゃんはいかがかと(汗)。ちなみに反対側には来年のアピールもかねて風林火山をイメージしたらしい馬に乗った武将が駆けております(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

屋久島の魚

Joe2_s ようやくメンテナンスが終了しました。が、Niftyからのインフォメーションでは、トラブルが解決していないため、元に戻したとか(汗)。

 さて、この魚はアゴアマダイの仲間で、一般的にダイバーの間ではジョーフィッシュの1種と言われている魚です。巣穴から顔を出してキョロキョロ周りを見渡す姿が可愛らしく、人気の魚です。石を咥えて巣穴を補修したり、卵を口の中で保護して大切に孵化まで守ったり。。。でも、巣穴から出てきて全身を見ると、以外にグロテスクだったりして、そのギャップもまた人気の秘訣だったりして。

 私は、キョロキョロ周りを見ている姿を見ると、とても癒されるんですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

冬の花

Hana 今日は、お花の品評会に行ってきました。

 なぜなら、品評会終了後にお安く買えるからです(笑)。

 メインは蘭なのですが、やはり良い物は先に買われてしまう、お値段が良い値である、次の花を咲かせるのが難しいと三拍子揃っているので、今回はシクラメンとバラの切花を買ってきました。バラは一応賞を貰ったものが1500円!このボリュームでとてもお買い得?ぽんぽこがお気に入りでニコニコしていました。シクラメンも狙っていたものは買われてしまいましたが、それでも、まぁ、良い色のものが買えたのでラッキーです。一時間前に行って整理券47番でした。

 安くて良い蘭を買うには2、3時間前に並ばなきゃだめかも~。のんきな私たちと違って周りのおじ様、おば様方は相当気合が入っていました。

 気合が入りすぎて、せっかく買ったのにエスカレーターで転んで、駄目にしちゃった人も居ました。きっとショックだっただろうなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

屋久島の魚

Mitubaisohaze_s  この魚は、ナンヨウミドリハゼと間違えて撮ったミツバイソハゼです。

 はっきり言って良く見ないとちっとも違いが判りません。パソコンの画面で大きくしてみてから、「あれ?なんだかナンヨウミドリハゼと違うような気がする」と思って確認したところ違っていたと言うことが判明しました。

 1cmとか2cmしかない小さな生き物を撮影すると良くあることなのですが、普段たくさん居ると思って見逃すと違う種類だったなんてことがたくさんあるかもしれません。

 この魚は浅い根の上に居て、安全停止のお友達になってくれたのですが、この日は浅い場所にうねりが入っていて体が安定できず、片手で岩を、片手でカメラを握ってグングン波に揺られながら撮影を行いました。非常に細かいところにピント合わせの作業をしたので、非常に久しぶりに波酔い状態になりました。陸上までもぐったりしてしまいましたが、港の陽だまりでネコのようにお昼寝したら良くなりました。

 昼寝って何でこんなに気持ち良い&疲労回復の特効薬なんでしょう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

屋久島の魚

Datehaze_s_1 この魚は、ダテハゼ。。。だと思いますが、まだ名前の付いていないダテハゼの1種かもしれません。

 腹ビレに赤茶色のラインが入っているのが判別ポイントです。それからするとダテハゼの1種になるですけど。。。なんとなく雰囲気がダテハゼっぽい(笑)。

 と、言うのも、ダテハゼの一種って過去に一度しか見たことが無い上に、見たときには自覚が無くて、後で写真を見た人からspだよって教えてもらった物ですから、判別に自信が無いのです。このハゼも普通のダテハゼよりすらっとスリムな気もするし、う~~~ん、悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »