« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

寒さの中で

Hosinohaze 寒い寒いと言ってもこの日は、黒潮分流が流れ込んで水中は暖かかったわけですが、冬になれば陸上も水中も寒くなります。

 そんな水中でも、生き物はちゃんと活動を続けています。

 もちろん、寒さをしのぐため、卵の状態で越冬する種類や、巣穴に潜りこんでしまう種類もいますが、そうしてライバルがいない間に、捕食者がいない間に活動しようと考える魚もいます。

 サビハゼが卵を守っている風景も冬の風物詩ですが、ホシノハゼも水中で青く輝いて繁殖に備えていました。残念ながら残圧(エアーの残り)が少なくて、無事カップルが成立するかまでは見届けることが出来ませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

さくらさくら

Sakuradai_1 大瀬崎の定番?サクラダイ。

 ビーチエントリーでサクサクこういった
ハナダイを観察できるのは凄いこと!しかも群れ群れですから見ごたえがあります。。。。って、手前の君!!

 邪魔しちゃダメダメ。。。

 と言いながら、横入りしてきたコイツ、いったい何者?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

水中花

Kanzasigokai 水中に花が咲いているのを見たことはありませんか?

 水の流れにゆったりなびくこの仲間は、植物ではありません。

 あの、釣りの餌に使うゴカイの仲間です。つまり、動物なんです。

 さんご礁に行くとカンザシゴカイなど綺麗な種類も多く見られますが、伊豆の冬の海にも大輪の花が咲いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

ボラ ボラ ボラ

Bora 伊豆の冬の風物詩のひとつにボラの群れがあると思います。

 比較的浅いところを小さな群れを作って泳ぎ去っていきます。近くまで寄らせてくれる魚ではないですね。

 水温が低いと体表に傷があることが多いような気がするのですが、この日は比較的暖かかったためか、綺麗な体のボラばかりでした。

 泥臭いイメージのあるボラですが、綺麗な水のところで捕れたボラは非常に美味しい魚です。ついつい、水中でも、美味そうだなぁなんて思っちゃったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

オレンジな気持ち

Kingyohanadai 目に青いアイシャドー、キンギョハナダイの幼魚です。2cm位の子だったと思います。

 さいさなキンギョハナダイ同士で群れを作っていました。その中でも逃げないでカメラを見つめていた子にモデルをお願いしました。

 今日はエスパルスの沢登引退試合です。諸所の事情で行けませんが、オレンジカラーのお魚でせめて気持ちだけでも表してみました。沢登は本当にいい選手でしたね。先発を外れるようになっても、途中出場すると見事に流れを変えてくれる選手でした。沢登が出ればなんとかなる、敵も味方もそう思わせる選手、なかなか他にいないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

さむ~い?

Sorasuzumedai 寒いとお魚の動きは、概ね鈍くなりますが、それにもまして、群れになるような気がします。

 ソラスズメダイは普段から群れていますが、この日も小さな群れを作っていました。暖かいときは中層に群れているんですが、この時期はそこの方で小さくまとまって寒さをしのいでいるようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

ベラ~な人求む!

Bera4 ベラといっても、妖怪人間ではありません。そういえば、中学校の数学の先生はベラにそっくりであだ名は「ベラ」だったなぁ。

 で、ここで言うベラ~とはベラ好きな人のことです。今年は、たくさん居る魚たちにもスポットを当てようと考えているのですが、私は昔からベラの仲間の種類わけが苦手なんです。

 で、この魚も名前がわかりません。判る人、教えてください~!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

ログアップのお知らせ

昨日伊豆は大瀬崎に潜りに行ってきましたので、ログアップしました。潜水記録をご覧ください。

 海から上がってダイビングサービスに戻ってくるとお店のTVで津波注意報を繰り返し放送していました。予想が50cmだったのでそのまま海面を観察していましたが、結局来ませんでした。

 ダイビングサービス一軒一軒に消防署の人が来て注意を促していましたが、大変なお仕事ですねぇ、消防も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

富士の山、朝焼け

Fuji070111 今朝は、とてもすっきりと晴れました。こんな朝はとても冷え込みます。どうもマイナス二桁に達したようです。

 こんな朝は、エンジンスターターが快適。乗り込んだときにはびっしり張ったガラスの霜が軽く除去できます。

 朝、最初は赤かった富士も時間とともに赤紫、オレンジと色を変化させていきます。冬に富士山の近くに来た人はちょっと早起きして朝から富士山を眺めてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

目標

昨日のように、えらそうな理想は掲げても、なかなかそこに到達することは出来ません。

以前のように月に3回も潜りに行っていればある程度、じっくりと観察も出来ますが、今では時間も体力もそんなに潜りにいけるほどなくなってしまいました。
 特に体力の衰えは悲しいかな否定できるモノではありません。

 でも、行きたい場所や見たい魚はたくさん居ます。パラオの淡水ハゼやベニハゼ、ハナダイの仲間はぜひ見に行きたいし、リロアンのハゼの仲間や石垣島のモエギハゼも見たいです。それにレンベの生態系やマジュロなどのサンゴの海にも行きたいですね。

 トンガやタヒチのルルトゥの海中クジラも見たいです。

 あぁぁぁぁ、また夢が果てしなく広がってしまったようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

Hanagonbe4 私はダイバーの中では、あれも見たいこの魚も見たいという欲張りなほうです。しかもこのハナゴンベのように華やかな魚だけでなく、淡水魚や一見地味な小さな魚にもいえます。

 図鑑を見ながら、この魚はどんなところに居るのだろう、どんな環境なのだろう、と想像をめぐらし実際に会えたときにはその想像とどのような差が有るのかを確かめて満足したいのです。そしてその環境で他にどんな生き物が関係しているのかと更に想像を膨らませるのも楽しいのです。と、言うことで想像の翼と欲望は限りなく広がっていってしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

明けましておめでとうございます

Kudayagikumoebi_s_2 皆さま、明けましておめでとうございます。

 今年もまた、よろしくお願いします。またちょこちょこと水の中の話題や身近な出来事を書いていきたいと思います。リクエスト、ご要望がありましたら掲示板のほうにでも書いていただければ、出来ることならお答えしたいと思います。

 お正月らしく、紅白のクダヤギクモエビを張っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »