« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

あぁ夏休み~シャチさんコンニチハ~

Photo 子連れ旅行が以下に大変かを実感してきました。

 行った場所は鴨川シーワールド。

ショー最高happy02。暑さサイコーcoldsweats02

 東海~関東にかけて豪雨だったらしいですが、鴨川は猛暑。

 大人が参りました。

 子供の都合に全てを合わせなくてはいけない子連れ旅行ですが、高速道路のPAやSAが都合良くあるわけでもなく、後部座席もシートベルトの義務化ということで特に車中が大変でした。

 ぼちぼちご報告もしますが、お魚の記事も書かなくちゃ~

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

夏休み

明日からちょっと出かけてきます。

 帰って来たらまた再開しますね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

オオクチバスの光と影

Bass2_s これほど人間の都合で良い様に引っ張りまわされた魚を私は知りません。

 一時のブームは、メディアとバブルが築き上げた幻想だったと思いますが、時代の寵児から外来生物法の特定外来生物の指定へと扱いがすさまじく変化した魚です。

 そもそも、オオクチバス自体が悪い訳ではありません。それを勝手に放流し、持ち出す人間が悪いのです。

 そして、自分が放流した訳ではないと堂々と利用する釣り人達。。。

 今、少なくとも現状でバス類の生息地を押さえ込まないと、ますます状況が悪くなるのは眼に見えています。それなのに日本各地でコクチバスの生息地が増えていると言う現実。。。

 自分さえ良ければいいという人間がいなくならない限り、法の規制を厳しくされていくことでしょう。

 さて、この話題はちょっと引っ張るつもりですが、この写真の解説も。

 このオオクチバスは40cmオーバーの大型個体です。若干痩せています。口元を良く見てもらうと何か出ています。

 コレはラバージグと思われます。ラバージグとはルアーの一種です。釣り糸を引きちぎって釣り人から逃れたのでしょう。

 このまま死んじゃうの?と思う人も多いと思いますが、この場所の水質、他の傷がないこと、体力がありそうなこと、などから恐らく生き延びることが可能でしょう。生物の生命力とは意外と侮れない物です。

 ただ、直接的な理由ではないのですが、体力を蓄えられるこの時期に食事が出来ないのは厳しいことに変わりありません。この冬を乗り切れるかどうかは、冬までにどれだけ餌をとることができるかにかかっているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマツカ

Kamatuka2_s 最近、そのフィールドで増えてきている魚つながりと言うことで、今日紹介するのはカマツカです。

 ご覧の通り砂そっくりの色をしていて砂地の所に生息しています。

 驚かすと砂の中にもぐって隠れます。

 ヒゲがあるのがわかるとおり、砂の中に口を突っ込んでエサを探してはもごもご食べています。

 体型からしてのんびり型かと思いきや、意外と早く泳ぎまわるのには驚きました。

 で、最近この魚が増えてきているそうなのですが。。。何が起こっているんだろう。泥が少なくなって砂が増えてきているのか?(それなら良いことかなぁ?)、それとも他の要因か。。。

 しばらく、観察が必要です。何が原因なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ヌマチチブ その2

Titibu2_s 引っ張りますが、ヌマチチブその2です。

 海外から入ってきた生物を外来種と呼びますが、このヌマチチブのように国内の他の場所からやってきた生物を移植種と呼んだりもします。

 移植種の方を軽く見る風潮もありますが、実態は外来種問題と変わりありません。いずれも同じ撹乱を招くからです。

 一度崩れた生態系を戻すのは並大抵の努力では達成できません。

 生物の移動について何も言われなかった過去と違い、現在はより慎重になることが要求されていると思います。

 特に、このヌマチチブのように小さい魚は入っても気付かれにくいということがあります。

 大きくなる魚と異なり、気が付いたら手遅れと言うことがありえるので、普段から身近な自然を観察すると言うことが重要なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

ヌマチチブの闘争

Titibu6_s 昨日、久々にフィールド調査に行ってきました。お手伝いなんですが。

 で、ちょっとカメラも必要があったので持っていったので撮影もしました。

 6.5mmのウエットスーツ。浮力を甘く見ていました。淡水だから3.5kgのウエイトをしていったら。。。潜れ無いっす。暖かいだけあって浮力も抜群!

 で、この写真です。調査に行った湖は昔ヨシノボリがたくさん居ました。が、この写真のヌマチチブが入ってきてからはすっかり姿を消してしまったのです。今回も気をつけてみたのですが、一尾も見ることが出来ませんでした。

 そうこうしていると一尾のヌマチチブがこちらにダッシュ!何かと思ったら喧嘩を始めました。こちらは浮きまくっているので寄れなかったのが残念でしたが、一応証拠写真は撮れました。

 たくさん居る同種の群れの中でなぜこの2尾が喧嘩になったのか。

 じっくり観察できなかったのが残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

半年振りのダイビング

大瀬に行ってきました。

 いや~~~、良いねぇ、海。

 今回は、久々の友人に声をかけてもらったので陸上もとても楽しかったです。

 私も、半年のブランクがあき、友人は10年のブランク、そしてCカードを所得したばかりの新人ダイバーさんも一緒だったので、カメラは無しで潜りました。

 カメラ無いとすっごい楽(笑)。

 いつもは一人で潜っているので、今回のように大勢で潜るのは久しぶりだったのですが、良いモンです。

 次回からはカメラ持参でまた潜りに行きます。リフレッシュリフレッシュ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

働き者

Fumei4 名前の判らない花と、名前の判らない蜂。

 蜂は数種類が、一生懸命暑い昼に働いていました。

 この蜂も足に花粉を集めて働いています。

 蜂は熱射病にならないのかな?

 暑さに負けず頑張って~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »