« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

魚露目DEミヤマキケマン

Miyamakikeman_s 写真は今日撮ったミヤマキケマンです。

 この花は、先週も撮ったのですが、その時は昼休みにひたすら山道を歩いて、撮りに行ったのですが。。。。

 本日、職場のすぐ近くに咲いているのを発見しました(大泣)。

 ミヤマと付くだけあって、標高の高い場所に生えているやや珍しい植物との解説だったので、わざわざ行ったのに。。。

 自分の足元は良く観察しておかないとダメだと言うことを再確認しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

魚露目DEホソバノアマナ

昨日は、三脚を持ち出してみました。

 わお!やっぱり便利。花の撮影に三脚は必須です。楽になりました。

が、風が強くて、いくら三脚でも被写体ブレは抑えられません。

Fumei21s 明かるい林の中で見つけた白い花。

 ゆりの仲間のような気がしますが、なんだか判りません。

 周りを見てもこの一株しかありませんでした。

 細い葉っぱのこの花、なんと言う名前なんでしょう。。。

 大きさは20cm、花は4cmほどの大きさでした。

*Witchさんから情報を頂きまして、ホソバノアマナという花ということが判りました。

 感謝するとともにタイトルを改変させていただきました。

 ホソバノアマナは山梨県では絶滅危惧2類に分類されているようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

魚露目DEフデリンドウ

最近は、花がいっせいに咲き出して紹介が追いつきません。

 が、皆さんにお見せする出来の写真もあまり無いのでこのペースでいいかな

Fuderindou1_s 小さな小さなフデリンドウ。

 気をつけないと本当に見逃します。

 最初この株を見つけて、撮影中に、「他の株を踏み潰してないだろうな」と気が付き慌てて足の下を確認して、無いことを確認し、ほっと胸をなでおろしました。

 後でじっくり観察したら他にも近くに3株も見つかりました。
 普段、何気なく足を踏み下ろしている場所にも、こんな綺麗な花が咲いているのに気が付けば、足を下ろす場所にも注意できるものですね。

 こんな小さな発見が、環境への関心とか、他の生物への配慮とかに繋がっていくのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

狩り×狩り=満腹

土曜日、伊豆にタケノコ狩りに行ってまいりました。

 S沢くん、皆さん、今年も大変にお世話になりました。

 新鮮なタケノコ料理と、山の自然、皆さんとの語らい、非常に楽しませてもらいました。

 天候は台風並みだったけど(汗)

日曜日、千葉に潮干狩りに行ってまいりました。

 有料区域だったので、当然大漁でした。現在塩抜き中。

 今夜が楽しみ楽しみ。

  湧希に振り回された人、お疲れ様でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

Eos Kiss X3

本日発売だったので仕事帰りに触ってきました。

 ボタン配置も大きさもX2とほぼ同一の様子。

X2のハウジングでそのまま使えるかも。

 液晶は確かに綺麗。コレならライブビューでのピント合わせも可能かも。

X2時代は液晶でピンが合っているようでも、PCで確認するとピンボケなことが多かったので、それは進歩かなぁ。

 値段がこなれてきたら買っちゃうかも。その時はKissDNといよいよ交代かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

双子タンポポ??

Futagotanpopo_s 大きなタンポポがあるなと思ったら、茎は太いし、花は合体しているし。。。

 双子?それとも何らかの原因でくっついてしまったのかな??

 んん~ん。不思議不思議

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

魚露目DEエンレイソウ

Sirobanaenreisou2_s この花は、シロバナエンレイソウ。

 もちろん、自分では名前がわからなかったので、植物にも詳しい職場の人に聞く。

私(画像を見せながら)「この花は何?」

「エンレイソウじゃないですかねぇ」

私「延齢草?縁起がいいねぇ」

「あ、確かにそう書くかもしれないですよね」

ネット検索発動。行け!Google

漢字では白花延齢草。

 なんと、薬効の有りそうな名前!

「有毒植物」!!! 。。。食ったらヤバイじゃん。

 「名前の由来はわからない」

陰謀だ!絶対に陰謀だ!名前だけ見たら、食べたくなるようにしたとしか思えない!!

 下手げに美味しそうに見えるだけに、危なかったァ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

いただきま~す

仕事の帰りに摘んできた新鮮なセリの若葉。

Seri これからおひたしにして、微発泡日本酒の「すず音」と一緒にいただきま~す。

 田舎って幸せ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

魚露目DEフッキソウ

フッキソウは富貴草であり、撮影地の忍野村の「村の花」でもあります。

一年中青々としたその姿から、そのめでたい名前が付いたそうですが、花はそれほど綺麗では有りませんね~。

Fukkisou_s 背が低くて草と言う名前でありながら、木です。

 グランドカバーとして、園芸用にも販売されているようですね。

 撮影地では、その一角が全て覆われていました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

あぁ、無常

体重が。。。

2kgも増えた(涙)

| | コメント (4)

2009年4月20日 (月)

魚露目DEヨゴレネコノメ

Yogorenekonome おや、見たことが無い花が咲いている。

とりあえず、写真にとって調べてみると。。。

ヨゴレネコノメ?汚れネコの目。。。

 オオイヌノフグリよりかわいそうな名前が着いた植物があったとは。。。

 明日から、天気が崩れるようなので花の写真もちょっとお休みかなぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

魚露目DEオオイヌノフグリ

Ooinunofuguri2_s ギョロを使った割には被写界深度の浅い不思議な写真になってしまいました。

 逆に花が引き立って良かったかな?

ところでこのお花、オオイヌノフグリですが、漢字変換すると「大犬のふぐり」です。

 実がなったらまた紹介しますが、意味は各自お調べ下さい(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

EFS10-22mmDE富士桜

お腹が痛い。。。

と言う訳で、今年は気候がおかしいようです。暖かくなったり、寒くなったり。

 皆さんも風邪など引かぬようお気をつけ下さい。

さて、こちらの地方でソメイヨシノも良いのですが、林の中でそっと春を告げるのが富士桜です。

 ソメイヨシノほどの華やかさはありませんが、他の植物が葉をつける前の明るい林の中で綺麗に咲き誇っています。

Fujisakura_s 麓の方は先日の雨で散ってしまったけど、富士山の標高の高いほうの富士桜ならまだ見れるはず。

 林の中でのお花見も良いものですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

そろそろ

いかん!このままでは季節の花Blogになってしまう。。。

 そろそろ、水中にも出かけなくては。。。

 でも、強度の副鼻腔炎発症中。耳抜きできない~

早く医者いこう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

富士山と小川と桜の出会い

今年は暖かですね。

 職場の周りも例年より1~2週間早く桜が見頃を迎えそうです。

ピークは週末かな?

Fujitosakura_s 職場から車で5分。

 写真の有名ポイントにて。

 小川と桜と水仙の黄色と花桃の赤と、富士山の白い雪。

 週末はきっとカメラマンでごった返すことでしょう。

 桜はちょっと早めだけれど、ま、コレで良しとしましょ。

 今日も良い天気~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

魚露目DEニホントカゲ

うわっ!恐竜が出た!

Nihontokage こういう遊び心あふれた撮影が可能なのが魚露目の真骨頂ですね。

 構図が日の丸になっちゃうとか、ゴーストが出やすいとか、ちょっと離れると周辺が流れまくるとか、欠点は多いけど、壺にはまると面白いです。

 飽きるまで遊び倒すことにします。

 最初は逃げていたニホントカゲも、害は無いと気が付いたのか、疲れ果てたのか、まだ体温が上がりきらないのか、直前まで近寄っても逃げないでモデルになってくれました。

 恐竜モデルさん、ありがとう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

魚露目DE蝶

眠い。。。。そんなに夜泣きするなよ~

Tyou2 思い切り寄ったタテハチョウの仲間。

日向ぼっこ中をお邪魔しました。

例によってライブビューで手だけ伸ばして撮りました。

 天気が良い日だと、魚露目は撮りやすいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

富士とサクラ

富士山とサクラは良く似合う。。かな?

 ちょっと光の加減が悪かったけど、好きな時間に行動できないのだからしょうがないかな。

河口湖のサクラは今が見頃です

Fujitosakura 色々補正してみました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

魚露目DE蜂

今まで、こちらでは寒すぎて虫が出てきていませんでした。

 と言う訳で、なんちゃって「虫の目」レンズと紹介したにもかかわらず、蜘蛛ぐらいしか登場していませんでした。

 暖かくなってきた、と言う訳で、虫にも登場してもらいましょう!

Hati1 なんと言う名前の蜂なのか、判りませんが、こういうときにライブビューは役立ちます。

 思いっきり手を伸ばして、遠くから接近して撮りました(苦笑)

 だって、やっぱり蜂、近寄りたくないんだもん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

魚露目DEサクラ

やっぱり日本の春は桜だねぇ

Sakura1_s 太陽をバックに入れ込んで見ました。

逆光時に青いゴーストが発生するのが魚露目8号の欠点の一つ。

 だけど、今回はなんとなく許せちゃう位置に有るなぁ

Sakura2_s 更にもう一枚。

 この日は風が強くて苦労しました~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

EF-s10-22mmDEアズマイチゲ

マクロの次はワイドだ!

と、言うことでEF-s10-22mmで撮ったアズマイチゲ。他に作例はないのか?と言われれば、有るんだけど時期限定の話題なので。え?そろそろ飽きてきました?

101 EF-S10-22mmの10mm側で撮った写真です。

 花が太陽に向かって開いています。

周りにはまだ草も生えていなくて、早春にいち早く咲いている花だと言うことがわかります。奥に向かって白い花が連続して咲いています。

 植物の世界も、静かなように見えて激しい世界です。何が激しいかと言うと太陽の光の奪い合い。この花は、他の植物よりいち早く咲くことで太陽を独り占めしています。

 その他の、太陽獲得作戦としては、いち早く成長して上の方に葉を広げるとか、根から毒を出して他の植物を枯らしてしまう、とか穏やかに見える植物の世界にも、結構必死の戦いがあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

100mmマクロDEアズマイチゲ

昨日は単純に撮り比べなので、100mmマクロには不適な撮影方法でしたが、こういう撮り方の方が雰囲気が出ると言う例を

1001 背景に2輪アズマイチゲを入れ込んで、かつ手前のアズマイチゲが引き立つようにボケさせてみました。

 角度を工夫して葉っぱももう少しボケさせればよかったかな?

もう一枚

1002 更にアップ。

 透化光を入れ込んで、花びらの裏の紫を入れつつピントをめしべに合わせてみました。

 もう少し上の方にシフトした方が構図としては良かったのかな?と反省。

 まぁ、5分程度でパパッと素人が写せばこんなもので上出来かなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

魚露目8号VS普通のレンズ 最短距離編

職場の後輩が、「良い被写体がありますよ」と、情報をくれました。

 それが、アズマイチゲの花でした。

 早春、まだ他の花が咲く前に花を咲かせ、他の花が芽生える頃に休眠に入る、カタクリタイプの花です。

 情報によると、そのアズマイチゲが群生しているとのことです。

 で、日曜日に行ってみると、うす曇の天候なので咲いていませんでした。そう、アズマイチゲは晴れた日にしか咲かないのです。

 と、言う訳で、お昼休みに再挑戦。タイムリミット1時間勝負です。絞りを統一して、各レンズの最短撮影距離で撮影しました

まずは、EF-S10-22mmの出番

10_s 群生している花の状態を雰囲気良く写せるレンズです。

魚眼レンズと異なり、極力周辺の歪みを少なくするように設計されています。10mm側で撮影しました。

100_s 次はEF-100mmマクロUSMです。

同じ花を目標にしたのですが、近寄ってみると残念なことに少々痛んでいました。

しかし、花粉までしっかり描写しています。

 この撮影はテストなので、真価を発揮していませんが、やっぱりマクロレンズは最高。

 背後も煩くなくボケています。

200_s 純正レンズ最後は、EF70-200F4Lです。

 ほぼ自己満足の世界ですが、やっぱり綺麗に撮れています。

 ケド、これが最高倍率。クローズアップ撮影には不向きです。

 遠くから生えている所をいためずに撮影可能なのがメリット。

 ボケも大きく写せる利点があります。

28_s 最後に魚露目8号。

 下の花びらがレンズにくっついていました。

 後で気が付いたのですが、それくらい接近できます。

 と、言いますか、それくらい接近しないと駄作の連続です。

 で、これほどくっついても葉の状態や背景の木の枝も判別できるほど被写界深度が深いのが特徴です。

 ある程度周りの状況を取り込みながらも主題を強調できるのがメリットですが、ある程度離れると周囲は流れまくって見苦しい状況になります。

 今回は、最短撮影距離で各レンズを使うとどんな感じなのか、とりあえず並べて見ましたが、次回からはせっかくなので、各レンズで撮影したアズマイチゲを紹介してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

魚露目DEコケ

花粉症の薬を切らしてしまったからか、なんだか体調も下降気味。

 早く花粉一段落しないかなぁ。。。これからヒノキの花粉の時期だけど。

早めに医者に行くか。時間無いなぁ

Koke4  石垣に生えていたコケ。

 コケの世界は奥が深そうで、コレにはまると大変なことになりそうな予感。

 でも、多分胞子嚢と思われる丸い器官が面白い。

 雨上がりで晴れたときなんかに、もう一度狙えば面白い被写体になりそうな予感。

 いやいや、危ない。コケにはまるところだった(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

魚露目DEたんぽぽ

これも春の花の代表、たんぽぽ

Tanpopotpari ありも蜜を吸いにやってきたんでしょうか?

 ありも来ていますが、人間も食べられます。花や若芽をてんぷらにすると、彩りもよく、美味しいです。

 花のてんぷらは見てよし、食べてよし。ですが、都会の道端のたんぽぽだと、食べる気が余りしませんねぇ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

魚露目DEふきのとう

春を告げる花の代表&山菜はやっぱりこれ、「ふきのとう」

Fukinotou 接近してみるとちょっと怖い感じ?

 雰囲気は出ているような気がしているのですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

魚露目DEお花

Hana1 名も知れぬ小さな青い花。

魚露目を使えば主役になりえます。

 例によってトリミングなし。

 2~3mm位の大きさの花です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

春の足音

Mokuren 今日は良い天気でした。

 と、言う訳でお昼休みは場内をお散歩

モクレンの蕾もすっかり膨らんで、今にも開きそう。

 蕾の毛皮を脱ぎ捨てて、植物も春を告げようとしているんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁって、今日の仕事は

魚の産科と魚の内科医です。

 午前中産科、午後内科の予定。

ま、何でも屋ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

今朝の出来事

今日から職場への通勤距離も時間も今までの1/4。

 比較的ゆっくりできます。

 湧希が起きた時に私が居たのでびっくりして固まっていました。

わはは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »