« Nauticamハウジング レポート1「ファインダー編」 | トップページ | Nauticamハウジングレポート3 「パンフレット」 »

2010年2月21日 (日)

Nauticamハウジング レポート2「小技編」

本日は、小技編です。

 Nauticamのハウジングは、どうしても無くてはならないというわけではないけど、有れば便利という小技がちりばめられています。

 ポートのロックはレバー式。力はまったく要りません。非力な人でも大丈夫です。が、ハウジング本体が重いから非力な人は使わないかなぁ。

 本体を止めるパッチン錠は、セッティングする時に噛まないように持ち上げながらはめる必要があったのですが、待機状態にすることが出来るので楽に成りました。この辺文章では説明しにくいので実際に触ってもらったほうがいいでしょう。

 親指オートフォーカスは、グリップから離さないでも出来るようになっています。老眼気味で今までよりもオートフォーカスに頼る機会が増えてきた最近では重要な機能です(苦笑)。

 ライブビューと動画スタート/オフはひとつの操作系で可能です。裏側から見ると、なるほどなぁといった機構で作られています。まぁ、私はあまり動画は撮らないと思いますが

 その他、7D用では拡大や縮小などが、手を離さないで操作できるようにボタン配置されるようです。この辺は実際に触ってみないと便利さは判りませんが。

 このように、結構考えられて作られているようです

|

« Nauticamハウジング レポート1「ファインダー編」 | トップページ | Nauticamハウジングレポート3 「パンフレット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157477/47622578

この記事へのトラックバック一覧です: Nauticamハウジング レポート2「小技編」:

« Nauticamハウジング レポート1「ファインダー編」 | トップページ | Nauticamハウジングレポート3 「パンフレット」 »