« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

Nauticam7Dで撮ったもの 残暑お見舞いな1枚

子供とお風呂にて

子供「ゆうちゃん、ちんちんある。とぉともちんちん有るねぇ」

私「うんうん、そうだね」

子供「かぁかは、ちんちん無いねぇ。雷さんが持って行っちゃったのかなぁ」

私「雷さんが持っていくのはおへそだぁぁぁ!」

 えぇ、2歳児だろうと突っ込みは入れておかないとね。

 しかし2歳で下ネタを使うとは、恐るべきヤツ。

さて、明日から9月というのにお暑い毎日。

Img_8672_s 100mmマクロレンズで撮ったワイドっぽい写真でお涼みください。

 残暑お見舞い申し上げます。

 定番のサンゴに群れるデバスズメダイの幼魚です。

 すっごいたくさん居ました。

 あ~、ワイドレンズで撮りたかった(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

あぁ、とうとう

40になっちゃった。。。歳が(汗)

 来年は本厄だなぁ

| | コメント (5)

Nauticam7Dで写したもの レモンスズメダイ幼魚

Img_8502_s 今回利用したのは、潜水案内沖縄というオーナーの津波古さんが、一人で切り盛りしているダイビングサービスです。

 それはそれは男前で良い声の津波古さんが、とても決め細やかな案内をしてくれます。

 事前にリクエストや条件を打ち合わせしておけば、可能な限りベストなコーディネートをしてくれます。

 今回は、前回紹介したヤリイトヒキベラか泥ハゼ軍団かリクエストしたのですが、海況を考え、こちらの時間の都合を考え、調整し、色々段取りをつけてもらいました。結局ヤリイトヒキベラを狙いに行ったのですが、慣れない機材を使用している中でサポートもしてもらい無事撮影に成功しました。お勧めですよ。

 さて、今日の魚はレモンスズメダイ幼魚(でいいんですよね?)です。

 この時期はかわいい幼魚も沢山居ます。10円玉より小さな色の濃い子を狙って撮影してみました。

 伊豆ではほぼ見られないスズメダイなので結構一生懸命撮ったんですが、小さい上にちょろちょろ動く相手は難しいですね(主に45℃ファインダーを使いこなすのが)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

Nauticam7Dで撮ったもの ヤリイトヒキベラ2

Img_8468_s これもノートリミングです。

 もうちょっと下まで写っていればよかったんですが、ギリギリですね。

 ヤリイトヒキベラのオスはその名のとおり尾鰭が槍のように伸びるんですが、この個体はまだまだノビが足りません。

 このベラの仲間は性転換するんですが、大きなメスがオスになります。

 成長が悪いからオスにならないのか、周りにメスがいないからオスにならないのか、3年間あまり進歩が無いそうです。

 ヤリイトヒキベラは、日本のイトヒキベラの仲間ではKing of イトヒキベラなんていわれたりしますが、まだこれではクイーンですね(笑)。

 沖縄のほかでは、伊豆大島や柏島くらいしか今現在見れるところを知らないレアなベラです。もうちょっと浅いところに居てくれると助かるんですが、今回は10リットルタンクだったんで結構残圧管理に気を使いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Nauticam7Dで撮ったもの ヤリイトヒキベラ

Img_8464_s Nauticam7D、いきなり、こんな水深に連れて行きました。

 えぇ、非公表水深域です(笑)。

 なんと言っても、公式水深100m耐圧ですから、これくらいなんともありません。

 が、実はポートの耐圧は60m。。。意味無いじゃん!!

 と、言うわけで、ポートの耐圧に近いところまで連れて。。。ンガッフッフ!!

 で、ノートリミングでこれだけ撮れれば、初回としてはまぁまぁでしょう。黒抜きに出来ればもっと良かったんですが、さすがに、初使用では余裕がありませんでした。

 今回、INON45℃ファインダー使っているんですが、ハウジングよりも、こっちの方にまだまだ慣れていなくて目標を補足するのに苦労しちゃいます。

 普段潜っている伊豆と比べると明るすぎて、感覚が狂っちゃうんですよね。同じ水深で同じ条件なら黒抜きできたと思うんですが(苦笑)。

 で、撮影対象としてのヤリイトヒキベラですが、相手として不足が無いのはもちろんですが、Theイトヒキベラに比べるとおっとりしているというか、それほどびゅんびゅん泳がないので撮りやすいです。

 オスになって求愛しちゃったりしているとやっぱり早いらしいですが

| | コメント (3) | トラックバック (0)

EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

うわ!水中で使ってみたいレンズの発表ですね。

 ワイドマクロの作例が気に入ればお金貯めてみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

ゴッグの正体 Nauticam7Dハウジング

Img_8359 と、言うことで、こいつの進水式をしてきました。

 水中での性能は抜群です。まだ慣れが必要ですが、慣れれば良い仕事しそうです。

 欠点ももちろん色々あるので、レビューしていきたいと思います。

 とりあえず、陸上で重い。。。

 こんなところまで、ゴッグにそっくり(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

twitterに登録してみた

で、これ、何をどうしていいのやら(汗)

おっちゃんには良く判らないのだな、あははは

 junnaguraで登録してみたんだけど

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

火の用心

ご存知の人も多いかもしれませんが、私は魚の医者のようなこともしています。

 病気の魚が持ち込まれて、検査し、幸いなことにすぐ原因を突き止め、対処法をお話し、その後に手を消毒して、混合感染の有無を調査しようとした時のことでした。

 病気の原因は1種類とは限らないので、複数の検査をするのですが。

 手の消毒は、消毒用エタノール、器具の消毒は、そのときは火炎滅菌でした。

 手にたっぷりアルコールを吹きかけて、消毒し、器具用滅菌用のバーナーに着火しようとしたとき。。。

 手がなんか痛い。。。右手全体がちくちくする。。。

 ご存じない方も多いかもしれませんが、アルコールの炎は青白く、明るいところでは見難いのです。

 そのときは検査用に手元ランプもつけていたので。。。

そう、なんと手の消毒用アルコールにも着火して、手が燃えていたのでした。。。

 時間にすれば数秒。産毛がちりちりになる程度で済みましたが、油断大敵。

 すぐに流水で手を冷やし、処置しましたが、いや~~、最初は何で痛いのか本当に判りませんでした。

 しばらく、手のあちこちが痛みましたが、服に引火しなくて本当に良かった(汗)。

 普通の人はこんなことは無いかもしれませんが、インフルエンザ対策の消毒をした後は、特にタバコを吸う人はお気をつけくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

来るべき時に備えて

 本日、水中カメラハウジングから、ファインダーなど数点の部品を外して、アンサーへ郵送しました。

 タイトル通り、来るべき活躍の時に備えるためです。

 今はまだ、どうなるか判らないので明記できないのですが、私のイメージの中では、

「グフにしようとしたらゴックになった」という感じです(←もっと判らん)。

 来月頭には公表できると思いますので、しばしご静観を

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

ドツボからの脱出

皆さん、お久しぶりです。

 心身ともに絶不調でしたが、ようやく落ち着いてきました。

 浮上のきっかけはやっぱり相方ぽんぽこの励まし。

 ありがとう、ぽんぽこ。

 相方は大事にしないとね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »