« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

オオイヌノフグリ

Img_3212 名前が可哀そうなこの花も、狙って撮るとかなりメルヘンチックに撮れる花。

 花期も長いし、好きな花なんですけど、外来種なんですよねぇ。。。

 差別するわけではないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

春の小川と桜と富士山と

Img_3418 ゴールデンウィーク前半に盛りを迎えるでしょう。

 今年は、春先の寒さで花の付きが悪く、時期も遅れたのですが、ようやく見頃になってきました。

 昨日雪も降ったので、富士山も模様がくっきりです。

 GW後半は天気が崩れるそうなので、見たい方は明日からぜひどうぞ。

 私は風邪をひいてしまい遠出は無理かなぁ(涙)。

 詳しい場所を知りたい方はご連絡を。

 あ、私の職場からすぐ近くです。この写真もお昼休みに撮ってきました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

タチツボスミレ

Img_3307 あうぅ。。。風邪をもらってしまいました。

 昨晩は、マーライオンにクラスチェンジした小僧の必殺技を手で受け止めてしまったし、どこが感染源だかさっぱり不明。。。

 早く寝よう

 さて、写真はタチツボスミレです。

 花期は長いし、どこでも生えているし、珍しくもなんともない花ですが、1株でこれほど花をつけ居るのも珍しくてつい写真に撮ってしまいました。

 一体どれだけ花を咲かせているのやら、凄い株です。

 花も綺麗だけど、実もしっかりつけて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

キスミレ

Img_3315 以前にも紹介したキスミレ。

 その名の通り、黄色いスミレです。

 黄色いスミレは意外にも種類豊富なのですが、その多くが高山か北の方に分布しています。

 その中で、このキスミレは九州にも咲くスミレで、阿蘇山に群落を作るそうです。

 黄色いスミレの絨毯。

 一度見てみたい風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

ヒゴスミレ?

Img_3317 こちらも初見のスミレ。

 エイザンスミレもこのヒゴスミレも葉っぱがとても特徴的で、葉を見れば他のスミレとは間違う事の無い種類なのだけれども、時間がなかったせいで両者の同定ポイントの写真を撮っていないので疑問形…。どっちだぁ?

 ヒゴスミレは花の中心が黄色くなるとのことなので、白花のエイザンスミレかも。

 う~~~ん、花の世界も奥が深くて困ってしまいます。

 日陰でやや暗く、風も吹いている中でピントが合って被写体ぶれもしていなくて一安心。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

あぁ、憧れのエイザンスミレ

Img_3324 時間がない中速攻で撮影したエイザンスミレ。

 子供が早く帰ろうとせかしたので、設定も適当に連写で現場を去りました。

 決して珍しいスミレではないのですが、今まで見つけることができずにいたスミレです。

 Webや図鑑と実物では違うと久々に感じました。想像よりずいぶん大きな花なんだ。。。

 やはり、自分の目で見ることが重要なんだな、と実感した一日でした。

 いや~、やっぱり探し続ければいつかは出会える。

 と、いうことで、諦めの悪いオトコになろうと思います(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

桃源郷

Img_3109 盆地の中はもう終わりましたが、周辺の標高の高い場所は、今が花盛りです。

 もっといいポジショニングしたかったけれど、ちょい撮りだったので、残念。

 山肌が桃色に染まっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

ようやく見つけました「春蘭」

昨年も探し続けて、見つけられなかった花。

 日本の野生ランの代表格?シュンランです。その名の通り早春に咲くランの仲間です。

Img_3079_2 いや~、諦めないで探してみるものです。

 魚でもそうですが、1回見つけると次々と見つけられるものです。

 結局20分で4株見つけてしまいました。。。

 昨年の苦労はいったいなんだったんだ。。。

 とも思いましたが、昨年の苦労があったからこそ、今年見つけられたのだと思います。

 よ~し、コンテリボウズもトゲウオの婚姻色も、サケ科魚類の産卵も諦めないで通うぞ~。

 もちろんその他の魚の撮影もね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

春の妖精

Img_2939 スプリングエフィメラル、春の妖精がようやく花開きました。

 この仲間は他の植物が葉を茂らせるより早く芽生え、花を咲かせ、虫と太陽光線を独占することで繁栄している植物です。

 つまり、ほかの植物より早く花を咲かせます。

 昨年は花の数が少なかったのですが、今年はいっぱい咲きました。

 が、この花、太陽光がたっぷり降り注ぎ、ある程度暖かくないと開いてくれません。

 1日目は、午前中が曇り、今日は寒すぎて充分に花が開いていませんでした。

 この写真は開いていた一角を何とか切り取ったところです。

 明日は満開に開くかなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

今年も写真展開催します

震災から一か月。

 皆さんの生活はいかがですか?

 雪ではなく雨に変わり、朝晩の気温も暖かくなってきましたが、本日も大きな余震が有った通り、まだまだ不安の多い今日この頃です。

 今年も、写真展を開催する運びとなりました。

 この写真展の開催は、震災後中止にするかどうかでメンバー一同ずいぶん悩みました。

 しかし、止めたり自粛したりすることが、応援になるのかということがどうしても私は納得できなかったのです。

 私が逆の立場なら、それは悲しいことだと思ったからです。

S もちろん、個展ではないので開催はメンバーの総意が必要です。

 私自身、停電や安全、交通機関の状況など不安がありましたが、メンバー全員で元気を出していこうと一致しました。

 昨年からメンバーも増え、東北地方からも参加してもらえることになりました。

 会場との調整中ですが、色々と考えていることもあります(決定後載せることにします)。

 昨年は、淡水で撮影した写真ばかりでしたが、今年は海で撮影したものばかりです。

 撮影対象は、若干マニアックなものですが、カラフルな写真をセレクトし、せめて心だけでも明るくなって欲しいと願っています。

 今回も、メンバーは個性たっぷり。趣味趣向も異なりますので、いろいろな写真を楽しんでもらえると思います。

 こんな時代のこのタイミングだからこそ、開催する写真展にしたいと考えています。

 私もメンバーもプロの写真家ではありません。しかし、昨年同様、暖かい雰囲気を感じ取れる和やかな写真展にしていきたいと思います。

 私もせっかくなので、マニアックな仕掛けを用意してみたいと考えています。

 お時間がありましたら是非、お立ち寄りください。

 よろしくお願いします。

Aprico_map 場所は昨年と同じところです。

 今年は、2日間とも参加したいなぁ。

 あと、展示方法を検討しなくちゃ。

やることは山積みです。

 でも、頑張りますよ。

 普段見ることができない、不思議な世界の扉を開けられるように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甲府盆地は花盛り

Img_2846 春だぁぁぁぁぁ!

 さぁ、動き出せ!

 山の杉の色もずいぶん薄くなってきたよ!!

 新鮮な空気を吸いに野に山に繰り出すべし!

 もちろん海にもね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

裏目標 青い眼をした。。。

今回、久しぶりにミジンベニハゼのペアを撮影しようと粘ってみた。。。

 が、瓶の奥に居るのは見えるものの1尾しか出てこず。。。会えなく目標に届かず。。。

と、言う訳でマニアックな目標にチェーンジ!

Img_2699_s なんだ、ただの1尾のミジンベニハゼじゃん。

拡大してよ~く見て欲しい。

 なんといってもマニアック目標。普通に眺めていては判らないのです。

 と、もったいぶったところで、しょうもない目標なのですが、普通にミジンベニハゼの写真を撮ると目は緑色に写るはずです。

 が、この写真を見てもらうと、「青」く写っているはず。

 これは石垣島の一部でナカモトイロワケハゼで流行っている撮影方法です。

 撮影方法と言ってもどうやって写せばいいのか具体的な方法はネットには載っていないので、自分で工夫してみました。

 結果的に作戦は成功したのですが、こうすれば緑、こう写せば青という境界が自分の中で判っていません。。。

 う~~ん、なんとか次はデータ取りをしっかりしたいものです。

 こういうものは偶然で来ても応用が利かないので。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

ムラサキハナギンチャクの砦

Img_2566_s ようやく最低気温が氷点下にならない日が多くなってきました。

 ま、潜りに行ったこの日は、朝はまだ-7℃まで下がってましたが。。。

 気温差が激しいと体調管理が大変なので早く安定して暖かくなって欲しいな~

 と、言うことで、この日の目標のワイド修行。。。

 あぁ、呆れるほどなってません。

 ライティングは下手だし、構図もいまいちだし。。。

 実は裏に回ればキンセンイシモチの群れが居たんですが、海藻ががっちり壁を作っていてイソギンチャクが隠れてしまう。

 かといって自然に生えている(吹きだまっている?)海藻を除去するのもポリシーに反するし。。。

 綺麗にワイド撮影をこなせる人って尊敬してしまいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中ジュディオング「ハナミノカサゴ幼魚」

Img_2637_s あぁ、タイトルは若い人には通用しないネタかも。。。

 「女は海~」と、かのジュディオング様も歌っておられましたが、女性も男性も海に行きましょう。

 火曜日は平日ということもありましたが、大瀬はガラガラ。

 春濁りが始まって浮遊物が多いとはいえ、透明度はキープされて、気持ちの良い海でしたよ。

 水温は14℃で若干寒いですけど。

 で、このハナミノカサゴの幼魚。好きなんですよ。欲を言えばもうちょっと小さければ最高だったんですが、贅沢は言いません。この子は5㎝程はあったかなぁ。

 餌を探して水底を見つめてうろうろ。捕食シーンが見られるかと、じっと観察しましたが、残念ながら見れませんでした。

 ちょろちょろ、じ~~、ちょろちょろ、じ~っと餌を探している仕草はとても可愛らしくてファインダーから見ていても飽きないのでした。。。長い鰭がヒラヒラなびくし。

 が、大きくなると、人が撮っているハゼのところにわざわざ寄ってきて撮影の邪魔するのは止めていただきたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

海にも来た春の使者「ホウボウ幼魚」

Img_2617_s と、言う訳で火曜日は代休消化で海に。

 準備段階で大いに凹む。。。

 例の地震で、なんと新品のZeroのドライスーツの上にクロカン4駆用のタイヤが落下。

 下にはベビーカーの金具。。。

 終わった。。。かと思いましたが、何とか水没は無し。でも凹んだ状態から戻ってこないので、ここから破れるんだろうなぁ。

 大被害の被災地とは比べられないものの、こんなところに被害があったなんて…。

 と、言うことで、海の中は、透明度は10mほど見えているものの、浮遊物が多く春の海になっていました。

 で、砂地にはこれ。8㎜程度の黒いゴミ。。。ではありません。

 ホウボウの幼魚です。春になると現れます。

 成魚は赤い体に緑の鰭と比較的派手な体ですが、小さいうちはただのゴミ。

こうして身を守っているんでしょうね。

 やっぱりマクロレンズがついていると安心するなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の訪れ

Img_2589_s 透明度はあったものの、浮遊物の多さ、海藻の成長、メバルの稚魚の群れ、日差し、水温の低さ。

 あぁ、海にも春が来たなぁ。

 それにつけてもワイドの難しさよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »