« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

どうやったら。。。

Ki3e7801 う~~ん、思うようにはいかないなぁ

 もうちょっとすっきり

 もうちょっと等間隔に

 もうちょっと輝いて

 むずかしいなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

虹色城の主

Ki3e7763 天空に浮かぶ虹色城の主。

 RAWにすることを忘れていたので、jpegほぼ撮って出しです。

 だんだん、コツが掴めてきました。

 もうちょっとで、会心の一撃が出せそうなんですが、相手が自然なだけに、相手次第、天候次第の所があり、難しいですね。

 粘れればいいんですが、時間も限られているので、今は精一杯のところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

魔術師の正体

Ki3e7540 と、言うことで魔術師の正体です。

 普段は嫌われものの蜘蛛ですが、害虫を食べてくれる良いやつなんですよ。

 まぁ、山の中とかで顔にベットリ巣が張り付くのは嫌ですが。。。

 夕日をバックに、たまには主役になってもらいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

色彩の魔術師

水滴の魔術師を目指そうと思っていたら、遥か上を行かれてしまった今日この頃。

 皆さんいかがお過ごしでしょうか。暑い。暑すぎです。

Ki3e7422 と、言うことで、悔しいので色彩の魔術師を目指すことにしました!(笑)。

 私の尊敬する人が、その昔

 「逆光は勝利」

 と言っておりました。

 いやぁ、本当だなぁ。

 逆光は勝利です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

つかの間の日差し

Ki3e7307 ほんのわずかに日が差しました!

 空に虹は出なくても、葉っぱの間に虹は出る。

 江口愼一さんというプロの方の作品を見てから、ずっと狙っていた一枚。

 ちょっとプラス補正にして明るく見えているけど、薄雲からさした、ほんのちょっとの太陽光が見せてくれた色彩です。

 これから暑く、太陽が輝く季節になれば、もっと綺麗に撮れるかな?

 その時が来るまで練習練習

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

雨上がりの草叢で3

Ki3e7221 今の時期は春の花と夏の花の切り替わりの時期です。

 咲いている花の種類は、ぐんと少なくて、似たような花がいっぱいです。

 そういう意味では雨上がりと言うのは狙い目なのですが、ズボンも靴もビッチャビチャです。

 太陽光が有れば虹もさすかもしれませんが、最近太陽の光を浴びていません。

 もっと光を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨上がりの草叢で2

Ki3e7204 早く太陽が見たいよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

雨上がりの草叢で

Ki3e7234 梅雨空をバックに

 晴れたらもっと綺麗なのにな~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

マクロレンズは魔術師の杖

Ki3e7022 昨日の夜は、子供が寝ながら大運動会状態で良く眠れませんでした(涙)。

 これはヤマオダマキの花。

 接写すると、とてもいい感じ。品が良くて。

園芸種のセイヨウオダマキは、遠くから見ると綺麗なのですが、じっくり見るとこのヤマオダマキだって、かなり素敵な花です。

 接写は楽しいな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

マクロレンズは魔術師の杖 バライチゴ2

Ki3e7014_2 こちらがちょっと離れて撮ったバライチゴ。

 前ボケを入れて、今度は雌蕊にピントを合わせて。

 雰囲気がずいぶん違うと思います。

 どっちが爽やかに感じるでしょうか?

このバライチゴ。実は赤くてとても美味しそうに見えますが、2年前に実験した通り、とてもえぐくて食べられたものではありません。。。

 これで美味しかったら最高なんですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

マクロレンズは魔術師の杖 バライチゴ1

今日は、お腹が痛いうえに相方がお出かけなので、遠出はしないで、アパートの中庭でおとなしく撮影。

 まぁ、正直、昨日食べ過ぎたんですが(汗)。

ところで、マクロレンズは魔法のレンズだと思っているわけです。魔法使いで言うところの杖に相当するものなんじゃないかと。

 アパートの中庭なんて、普通絵にならなそうなんですが、マクロレンズを使えばあら不思議。

Ki3e7012 いつもはピントを雌蕊に合わせるのですが、今回はピントを雌蕊ではなく花弁に合わせてみました。

 大型センサーならではのボケ味を生かしてふんわりと。

 バライチゴは15㎝程の高さの花なのでもちろん腹這い、服は汚れ放題ですが、まぁ、しょうがないですね。

 しょうがないんですが、他人に見られたらモロ不審者です。

他人のアパートではやらない方が良いかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お腹いっぱい

昨日は雨だったので、雨天OKのサクランボ狩りに行ってきました。

果実天国山梨バンザイ。佐藤錦最高

Ki3e6969 無料の子供が一番たくさん食べていたような...。

 今年は、地震の影響で客足が鈍いらしく、いっぱいサービスしてもらいました。

 腹いっぱいさくらんぼ食べたい人は山梨の南アルプスへGO!

 しかし、品種によって味が全然違うんですねぇ。現地で食べるとしっかり判りますよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

なぜ、こんなにデカいものが

ん~~~。

 会議に持っていけるような、小型のS95のようなコンデジを探していたはずなのに。。。

気が付いたらこんなバカみたいデカいものが手元に

Img_1365 う~~~ん。

 うう~~~ん。

まさにでかい、重い。

 求めていたものと真逆。

何故だ、何故なんだ。。。

 って、適当に入札かけたら落ちちゃったのが真相なんですが。

Img_1366 しかも、今時Mark2。

 7年も前のカメラです。

操作系は煩雑だし、820万画素だし、液晶は2インチだし、ライブビューもないし、今の基準からみると本当に旧型機。

 しかし、Blogに載せるとかだけなら200万画素もあれば十分なサイズだし(笑)、ファインダーが大きくて見やすいのでライブビューも必要ないし、複雑な操作もしないし(苦笑)、性能的には必要十分。

 突然の雨にも頑丈な防塵防滴だし、陸上専用で使えるだけ使い倒すようにします。

Img_1367 発売当初は60万円近くしたものが、7年たつと1/10以下の価格で買えるとは。

ま、その分、くたびれてきているのでいつ壊れてもおかしくありませんが。値段相応でしょう。

 レンズと本体で3kg近い重量級。腕に筋肉付くでしょうか?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

川辺のスズムシソウ

今年は、天候の影響で多くの花の時期が遅れたり小さかったり植物にとって受難の年ですが、先日のキンランと言い、ランの仲間にとってはちょうどいい気候だったようです。

Ki3e6896 特にスズムシソウは、今年大当たり。

 あっちこっちに花を咲かせています。

 一応、絶滅危惧種なのですが、今日は一緒に歩いた人と探して恐らく20分で50株近く発見したと思います。

 2年前は10株くらいしか見つけられなかったのに、一気に5倍以上です。

 来年も元気に花を咲かせてくれると嬉しいなぁ。

 曇っていたのですが、川のきらめきを写しこんでみました。

 晴れていればもうちょっとキラキラにできたんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

開花!

Img_3882 開きました!

 どうやら、光が十分当たらないと開かないようで朝と夕方には閉じてしまいました。

 開花状態を見れて嬉しいなっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

幸せは足元に

空模様はいかにも梅雨。気温も低くて、暖房入れてます。寒いぞ~

 ところで。

 今日の職場での会話

Aさん「たらの樹の横の黄色い花はなんだろうねぇ」

Bさん「あぁ、なんでしょうねぇ。気になっていたんですが。。。」

2人とも、私が花の写真を撮りにさまよっていることを知っているのです。

Bさんは魚鳥花問わず、詳しい人。そのBさんも知らない花?

 まさか。。。

Ki3e6846 キ、キ、キ、キタ~~~~!!

 2年間探して山を探しまくった花。。。

 キンランが、まさか私の車から15mの所に有るなんて!!!

 青い鳥を探してさまよったのちに自宅で見つけるチルチルミチルみたいな出来事。

 しかもこのタイミング。。。

 もっと気合い入れて写真撮れというお告げのように、登場です。

 むむむむむ。。。

 幸せは歩いてこないけど、歩き続ければ、ある日、ひょこっとやってくるものなのだなぁ

 人生、諦めたらそこで試合終了なんだなぁ。諦めなければ、きっと、いつか巡り合えるものですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »