« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

キキョウ

Ki3e8122 たくさん咲いていたけど、あえて一輪だけ。

 こんな感じでススキの間からたくさん咲いています。

 昨年も咲いていたけど、株の数が少なくて見ごたえの点ではいまいちでした。

 しかし、今年はいっぱい咲いています。

 晴れたらワイドレンズ持って、富士山とのコラボを狙いに行こうっと。

 。。。で、いつになったら晴れるんでしょうか?来週は台風が来るらしいし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

夏の花咲始めてます ナデシコ

優勝おめでとう!

 え?ナニ?遅すぎ??

Ki3e8136 まぁ、確かにそうなんですが、久しぶりに行ったフィールドにはナデシコ満開。

 キキョウ満開

 ギボウシ満開。

 ウツボグサ満開。

 もちろん野生種の自生種の(ギボウシ以外)レッドデータ植物です。

ってな感じで、とっても良い感じに夏の花が咲き誇っていました。

 ワイド系のレンズ持っていかなかったのを後悔したくらい。

 気温は寒いし、天気も悪いけど、季節は着実に進んでいます。

台風のせいでキイチゴやヤマグワの実が全部吹っ飛んでいたのが悲しかったけど、一見の価値ありの花畑で満足満足。

 さぁ、後は太陽の出番を待つだけだなっ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

斜陽と花

Ki3e8045_2 ワンパターンですが。

 今日は眠いので、画像だけでご勘弁を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

夏の花が咲き始めました

Ki3e8053 オカトラノオが咲き始めました。

 夏の花のシーズン開幕かな。

 川の輝きを取り込んで、夕方の一コマ。

もう、根元の方の花は台風で散っちゃってますね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

台風の過ぎた日

ようやく台風も去りました。皆さんの地域は被害はありませんでしたか?

 台風も必要な気象とは言え、直撃は嬉しくないですね

川も少し撹拌してもらわないと、河道内に樹などが繁茂して洪水が発生しやすくなりますから小規模の大水は必要なんですが。

 写真撮りたい人にとっては増水は嫌なものです。

Ki3e8064 川の光を取り込んだガクアジサイ。

ようやく夏の花が咲き始めました。

 また花の写真に忙しくなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

終了:怒涛の1週間

あぁ~、疲れた。

 先週は出張3回、発表1本、報告書提出2本。忙しかった!

 今週は報告書の訂正と資料作成なので少しはゆっくりできるかな。

 アレ見たいし、コレやりたいし、仕事してる場合じゃないな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

トノサマガエルのいる畔

シグマの135-400mmの望遠レンズを入手したので試し撮りに田圃へ出かけました。

Ki3e7996 狙いはトノサマガエル。

 この田圃はまだ土の畔で、川と行き来できる自然の宝庫です。

 山梨県では、ほかにもう見ることができない光景だったのですが。。。

 ここも、三面水路化が決定してしまったようです。

 来年からはもうこのトノサマガエルもシュレーゲルアオガエルも見ることはできないかもしれません。

 人は便利さと引き換えに多くのものを失いました。

 確かにカエルが居なくてもどうと言うことはないのかもしれませんが。。。

 カエルすらいない田んぼで安全な米が採れるんでしょうか。

そのうち自然のしっぺ返しが無ければ良いのですが。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

のんびりまったりカワヨシノボリ

Img_4435 近くにメスが来ても知らん顔。

 鰭、、広げないかな~と思っても知らん顔。

 でも、違う方向を向いて撮影していると鰭全開で喧嘩していたりする。。。

 もうちょっとサービスしてくれよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

テナガエビ

Img_4424 この川には結構テナガエビもいます。

 こいつはちょっとデカすぎ。

 横からぬっと現れると軽くビビるサイズです。

胴体だけで10cm程でしょうか。

 ん~、捕まえて塩焼きにしたいサイズだったですが、捕まえている余裕はありませんでした。

 テナガエビ釣りするか、エビ網持って出かけるか。

 でも、結局写真撮ってて、捕まえる時間ないんだろうなぁ。

 しかし、この時期にしては石に良くない垢が付きすぎです。

 ざっと小規模の増水が有れば流れるんでしょうが。

小規模の反乱は生息環境保持に役だっているって普通はよく知らないんですよね、たぶん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

シマドジョウ

Img_4263 緑の絨毯に鎮座するシマドジョウ。

 涼しそうで良いな~。

 こんな暑い日にはまた川に行きたいな~。

 しかも上流域だと気持ちいいだろうなぁ~。

 あ、夕立だ。これで、ちょっとは涼しくなるかな。。。川に居る時は鉄砲水に注意ですね。

 それと、子供は大人の人と一緒にね。大丈夫そうに見えても足を滑らせてしまうこともあるし、焦ると立つことも泳ぐこともできないことがあるから。

 でも、最近の風潮の「危ないから水辺に近づかないように」は絶対に反対。

 何が危なくて、何が安全かわからない人間が、この先大人になった時に自立して生活できるのだろうか。

 体験させて、危険に対応できる能力を養うことこそが教育ではないのか?

 温室育ちの人間を大量培養してどうするつもりなんだろう。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

The ボウズハゼ

以前の記事にも書きましたが、このボウズハゼ、山梨県ではレッドデータブックの情報不足にランクされています。

Img_4410 が、今回は6個体くらいは見ました。

 しかも数10mの狭い範囲内で。

と、言うことは、個体数が結構居るということではないでしょうか?

 このボウズハゼ、知っている人知っているでしょうが、警戒心が無茶苦茶強い魚です。投網を打っても石の下に逃げ込みます。

 電気ショッカーをかける前に、範囲外に逃げてしまいます。

 と、言うことで、公式採捕記録が2個体しかなかったのではないかと。

 しっかり探せば結構な個体数がいるんじゃないかなぁ。堰堤があっても遡上力が強いしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

虹色城の主

Ki3e7888 ぶ~らぶら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

オイカワの産卵水中観察ガイド 写真編

あぁ、忙しい。こういう時は現実逃避に限る!

 では、写真付きで

Img_4195 これが、若干産む気になっている雌です。

尻ビレがまだ開き切っていませんが、お腹が三角形気味に突っ張りつつあります。

 本気になるとマンボウのように尻ビレが水底に向けて伸びるような状態になります。

 オスに比べると控えめな美しさがあります。

 このメスの周りに他の雌が付きまとっていることもあり、余計に発見しやすくなります。

Img_4245 オスがメスをエスコートしている所です。

 メスの若干前を泳ぎながら、自分の縄張りの産卵場までメスを連れて行きます。

 この時実に上手に体と鰭を使います。

 オスが近寄ってくると、ものすごいスピードで泳いで追い払おうとします。

Img_4295 オス同士の闘争。

 こうなっちゃうとメスは完全に置いてけぼり。

 もう産む寸前でもオスは戦いに出かけちゃいます。

 失礼な奴!しかし、小さな体でこの迫力!

そこにしびれる、憧れるぅ!

Img_4416 首尾よくライバルを追い散らし、メスを産卵場所に連れ込むと、石と自分の体で挟み込みます。

 石がない場所で産卵するときには、この行動は無いのでしょうか?

 鰭を広げてメスをガードしています。

 それは、周りにいる魚たちが産んだ卵を食べようと狙っているからです。

 アブラハヤ、カワムツ、カワヨシノボリ、それと同種のオイカワが狙っています。

Img_4420 産卵も終わりに近づくと、体を震わせて砂で卵を隠します。

 ここからがクライマックス!

 もう言葉は要りません。写真を見てください。

Img_4421 震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!!

Img_4422 オラオラオラオラオラオラオラオラァァァ!

 この時はシャッタースピード1/80だったんですが、動きが止まっていません。

 次回は倍くらいで狙ってみようと思います。

 本当は、目だけ停めて体をブラして撮れれば臨場感があるだろうなと思ったんですが、現実はそんなに甘くないですね。

 まぁ、魚も相当頭に血が上っているんでしょうが、撮っている方も沸騰状態です。

 ここまで撮るのに大体5~6時間川の中に居ました。

 水温20度近いとはいえ、体は冷えまくりましたよ。ドライスーツ着てましたが、インナーはTシャツでしたし。

 しかし!私の水中観察ガイドを見たあなたなら、2時間くらいで撮れると思います。

 ふ~、Blogでここまでの大作を描くとは思わなかったなぁ。

*これは私の観察した山梨のある河川での状況です。地域や河川によって若干の違いはあると思いますので地域の実情に合わせて観察を楽しんでください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

オイカワの産卵水中観察ガイド

毎日暑いですね。梅雨明けしたみたいな空と雲です。

 今回、オイカワの産卵を観察できたので、ちょいと観察のコツなど。

オイカワは身近な魚で、今現在は日本のかなり広い範囲に生息している魚です。

 綺麗な体色や釣っても楽しいことから親しまれてもいます。

 浅いところだと水面からでも観察できるため、水面からの観察例は検索すると多くみられますが、水中からの観察例はあまりないようです。

 と、言うことで、いつも通り忘備録を兼ねて観察の仕方を

1 多くの観察でも同じですが、体が大きく色の美しいオスを中心に探したり注目したり

 しがちですが、注目すべきは「産む気のある♀」です。

2 産む気のあるメスは、オイカワの場合、ぱっと見の外観で「確実にわかります」

 いつもは尾に向かってしゅっとたたんでいる尻ビレが垂直に水底方面に突っ張るように

 伸びているので、そういうメスを探します。泳ぎ方も中層をふらふら泳いでいることが

 多いです。お腹も突っ張っているのが見れます。

3 ギラギラの婚姻色を出したオスが、産む気のあるメスを見つけると、産卵場所に

 リードしていきます。産卵場所はお気に入りの場所が決まっているので、一度

 見つければ、そこを動かないようにすれば、何度も見れます。

4 焦って急いで付いていこうと動くと産卵を止めてしまうので、最初はゆっくりと

 跡を付けます。産卵場についてもすぐには産まないので焦る必要はありません。

5 産卵場に着くと、オスがメスの前でアピールします。鰭全開のシーンは見てて

 美しいです。違うオスがメスを奪いに突っ込んでくることもあります。その場合、

 オスの実力が拮抗していればしているほど派手な喧嘩が観察できます。

 ただ、メスがその気になっているのに、オスが喧嘩に明け暮れて、メスが止めて

 しまうことも有りますが、動かずに待っていれば、またオスがメスを連れてきます。

6 石の横の砂地などにペアで寄り添うと産卵が始まります。オスが鰭をうまく使って

 メスを抑え込むのでよく観察してください。

7 産卵のピークは、ペアが体をふるって砂を巻き上げ卵を隠すシーンです。

 他の雌や他の魚たちが、生まれた卵を食べようと群がってきて撮影の邪魔に

 なることも多いです。

8 産卵は、午後2~4時にピークを迎えることが多いですが、早朝に観察される

 こともあるので気が抜けません。初夏がシーズンです。

9 比較的浅い場所で産卵は行われます。観察するのに首が痛くならないように

 姿勢やポジションを考えてください。

10 産卵場は人工的に作って誘導してやることも可能です。ここではあえて公開しません

Img_4338 もっと凄いシーンも撮れましたが、出し惜しみします(笑)。

*これは私の観察した山梨のある河川での状況です。地域や河川によって若干の違いはあると思いますので地域の実情に合わせて観察を楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オオヨシノボリ

Img_4184 昨日の夜は雷が怖くてPCの電源落としてしまいました。HD壊れると怖いもんね。

 今回は、ヨシノボリの卵保護を探しに行ったのですが、どいつもこいつものんびりモード。

 オスはもう一仕事終わったような顔してのほほんとしていました。

 と、言うことでのほほんと石の上に居たオオヨシノボリのオス。

 今年の仕事はもう終わったのかい?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

初夏の川

最初の狙いは、卵を保護するヨシノボリだったのですが、川の流れが変わってしまい、産卵しているだろうと見当をつけていた場所は干上がっており、発見無し。

 水のある場所は、残念ながら巣作りに適した場所は発見できず。

 抱卵してそうなメスは居たから、まだ繁殖はしていると思うんですが。。。厳しいなぁ。

Img_4291 その代り萌えたのが、こちら。

 どこにでもいるオイカワです。

 この時期は恋の季節。オス同士の空中戦が彼方此方で展開中。

 見ごたえがあって、結局3時間以上水の中に居ました。

 さすがに上がった時には手がしびれていました。

 ほどほどにしないとダメですねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

久しぶりの川

Img_4240 カメラの設定ミスで被写体ブレブレ~(涙)

 7Dって、設定替えても、オートパワーオフすると昔の設定で復活してくるから始末悪い。

 この部分だけファームアップで何とかしてくれないかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »